解体用語「シバ」と「ガラ」とは??―福山市で解体のことなら解体工事専門店.Renoへ

マイホーム計画やリフォームを検討する際に、解体工事に関する知識は必要不可欠です。

解体工事で発生する廃材には、専門用語で呼ばれるものがあり、その代表格が「シバ」と「ガラ」です。

目次

1. 解体用語「シバ」と「ガラ」の意味

1.1 木くずと建築廃材の総称

  • シバ: 木造住宅を解体する際に発生する木くずを指します。
  • ガラ: コンクリートブロック、レンガ、瓦、木材、鉄筋、アスファルトなど、解体工事で発生する建築廃材や産業廃棄物の総称です。

1.2 具体的な例

  • シバ: 木材の端材、木屑、床材、壁紙など
  • ガラ: コンクリートガラ、アスファルトガラ、鉄筋ガラ、木材ガラ、瓦ガラ、石膏ボードガラなど

2. 「シバ」と「ガラ」が必要な理由

2.1 環境への影響を抑制するために

シバとガラは、適切に処理しないと、以下のような環境問題を引き起こす可能性があります。

  • 不法投棄: 不法投棄されたシバやガラは、土壌や水質を汚染し、生態系に悪影響を及ぼします。
  • ダイオキシンの発生: シバやガラを不適切に焼却すると、ダイオキシンなどの有害物質が発生し、人体や環境に悪影響を及ぼします。

2.2 資源の有効活用

シバとガラの一部は、リサイクルや中間処理することで、新たな資源として活用することができます。

  • コンクリートガラ: 砕石として再利用
  • アスファルトガラ: 新しいアスファルトの材料として使用
  • 木材ガラ: チップ材や燃料として利用

3. 解体用語「シバ」と「ガラ」の処理方法

3.1 廃棄物処理法に基づいて

シバとガラは、産業廃棄物に分類されるため、廃棄物処理法に基づいて適切に処理する必要があります。

処理方法は、種類や大きさ、量などによって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

3.2 シバの処理方法

  • リサイクル: チップ材や燃料として利用
  • 中間処理: 乾燥、破砕、分別などを行い、リサイクルしやすい状態にする
  • 最終処分: リサイクルや中間処理できないシバは、埋め立て処分などの方法で最終処分

3.3 ガラの処理方法

  • リサイクル: コンクリートガラは砕石として再利用、アスファルトガラは新しいアスファルトの材料として使用
  • 中間処理: 砕石、分別、洗浄などを行い、リサイクルしやすい状態にする
  • 最終処分: リサイクルや中間処理できないガラは、埋め立て処分などの方法で最終処分

4. 「シバ」と「ガラ」に関するその他情報

  • 発生量は解体する建物の規模や構造によって異なる
  • 重量が重いため、運搬には重機が必要
  • 処理には専門的な知識と経験が必要

5. 関連する解体用語

  • アスファルトガラ: 舗装道路や駐車場などに使用されていたアスファルトを解体した際に発生する廃材
  • コンクリートガラ: 鉄筋コンクリートやプレキャストコンクリートを解体した際に発生する廃材
  • 木材ガラ: 木造住宅を解体した際に発生する木材廃材
  • 瓦ガラ: 屋根瓦を解体した際に発生する廃材
  • 鉄筋ガラ: 鉄筋コンクリートやプレキャストコンクリートから取り出した鉄筋
  • 石膏ボードガラ: 石膏ボードを解体した際に発生する廃材

6. まとめ

解体用語「シバ」と「ガラ」は、解体工事で発生する廃材を指す専門用語です。

これらの廃材は、適切に処理しないと環境問題を引き起こす可能性があるため、廃棄物処理法に基づいて処理する必要があります。

福山市にある解体工事専門店.Renoはアスベスト調査から解体工事まで全てお引き受け可能です。
何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次