家を壊すときの流れ―福山市で解体のことなら解体工事専門店.Renoへ

家を壊すときは、石綿(アスベスト)という有害物質が使われていないかどうかを調べる必要があります。
石綿は、肺がんや中皮肉などの病気を引き起こすため、安全に壊すことが重要です。

令和5年10月1日以降は、家を壊す前に必ず石綿調査を行うことが法律で義務付けられました。
調査は、建築物石綿含有建材調査者という資格を持った専門業者によって行われます。

目次

石綿調査の流れ

書類調査
建築物の設計図や過去の調査記録などを調べ、石綿が使われている可能性がある場所を特定します。

目視調査
実際に建物を見て、石綿が使われていると思われる場所を確認します。

分析調査
書類調査や目視調査で石綿の使用が確認できない場合、または疑いがある場合、建材からサンプルを採取して分析を行います。

石綿が含まれていた場合

石綿が含まれていた場合は、飛散防止対策を講じた上で壊す必要があります。

具体的には、養生や囲い込みを行い、作業員はマスクや防護服を着用するなどの措置が必要です。

解体業者の選び方

解体業者を選ぶ際は、石綿調査と解体作業の両方ができる業者を選ぶことが重要です。

また、業者の実績や資格を確認し、見積もりを比較検討することも大切です。

自分で壊すのは危険

石綿調査や解体作業は、専門的な知識と技術が必要となります。

一般の方が自分で行うことは大変危険ですので、必ず専門業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

家を壊す前に、必ず専門業者に相談し、石綿調査と解体作業を依頼するようにしましょう。

解体に関する法令は改正されることがありますので、最新の情報を確認する必要があります。
近隣への挨拶や、ライフラインの停止・解約などの手続きも必要です。

解体工事専門店.Renoはアスベスト調査から解体工事まで全てお引き受け可能です。
何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次